障害者向けサテライトオフィスとは?働き方やメリット・デメリットを解説!

日本最大級の障害者雇用求人情報を提供する「障害者雇用バンク」は、求人提案から入社後のサポートまで、一人ひとりに合わせたサービスであなたの就職・転職活動を支援いたします!

ご登録はこちら

ここ最近、障害者雇用でも勤務地が本社や支社ではなく、サテライトオフィスに設定されている求人が少しずつ増えてきました。しかし、サテライトオフィスで働くと言われても、ピンと来ない方が多いのではないでしょうか?

今回は、障害者向けサテライトオフィスの特徴やメリットデメリットについて解説します。転職活動の選択肢を広げるためにも、ぜひご参考ください!

障害者向けサテライトオフィスとは?

障害者サテライトオフィスとは、自分が在籍する企業ではなく、別の企業が管理するオフィスのことを指します。複数の企業が一つのサテライトオフィスを利用していることも多く、自社オフィスとはだいぶ違った環境になります。

障害者向けサテライトオフィスの特徴は下記の内容が挙げられます。

まず最も大きな特徴として、障害に関する専門知識を持った支援員が常駐している点です。そのため、何か困ったことがあった場合、すぐに相談できます。

また障害者が働くことを前提として設立されているため、バリアフリー設備はもちろん整っており、支援員がいることと合わせて働きやすい環境となっています。

もう1つ、勤務地が自社オフィスじゃないため混乱してしまうかもしれませんが、行う業務はもちろん所属する企業のものを担当します。

サテライトオフィスのメリット・デメリット

次に、サテライトオフィスで働くメリットと、デメリットについて解説します

サテライトオフィスで働くメリット

障害者向けサテライトオフィスで働くメリットは、

といったことが挙げられます。

まず、先ほども少し触れましたが、専門知識を持った支援員が常駐しています。そのため、日常的な勤務のサポートはもちろん、体調が悪い時や問題が発生した時についても迅速な対応をしてもらえます。

また、サテライトオフィス求人は、パート雇用や時短勤務など、求人の幅が広いため、体調がまだ安定しない方や、家庭の事情で長時間働けない方などでも、柔軟に働くことが可能です。

最後に、サテライトオフィス求人は、一般的な障害者雇用求人と比較して、選考ハードルが低くなっています。そのため、経歴に自信がない方やしばらく離職されていた方などでも、他の求人と比較して採用されやすくなります。

サテライトオフィスで働くデメリット

次にサテライトオフィスで働くデメリットについて解説します。

最も大きなデメリットとして、一般的な障害者雇用求人と比較して、給与が低い傾向にあることが挙げられます。サテライトオフィスは働きやすさや、採用のされやすさがあるため、業務内容も比較的負担が少ないものを任されることが大半です。

業務負担が軽い分、当然ですが給与は高くはなりません。また簡単な業務から担当するため、短期間でスキルアップすることは難しくなります

そのため、サテライトオフィスでの就業は、収入を上げたいや短期間でのキャリアアップを目指す方ではなく、安心して働きたい方やじっくりとスキルを身につけたい方におすすめです。

サテライトオフィスからキャリアアップできる?

上記で触れた、サテライトオフィスからのキャリアアップについて、もう少し詳しく解説します。

先ほども解説したように、サテライトオフィスは専門的な経験を積んだり、短期間でのキャリアアップを目指すことよりも、安定して就労することを目的に運用されています。

そのため、繰り返しにはなりますが、短期間でのキャリアアップは難しいのが現状です。

ですが、時間をかけてサテライトオフィスからキャリアアップすることは十分に可能です。サテライトオフィスからキャリアアップするためには、

上記3つのポイントを目標にしましょう。

これらを達成することで、サテライトオフィスからのキャリアアップが現実的になります。一気に全てを目指すと負担が大きくなってしまうので、まずは休まずに出勤できるように体調を安定させることを目指しましょう。

障害者向けサテライトオフィスで働くためには?

続いて、実際にサテライトオフィスで働くためにするべきことについて解説します。

サテライトオフィス求人の探し方

サテライトオフィスの求人は、一般的な求人と違い、インターネット上に公開されているものは少なく、応募するためには転職エージェントから紹介を受ける必要があります。そのため、もし障害者向けサテライトオフィスで働きたい場合は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントでは求人を紹介してもらえるだけでなく、書類の作成サポートや面接対策なども受けることができます。もちろん、サテライトオフィス求人だけでなく、一般的な求人の紹介も受けることができるため、積極的に活用しましょう。

サテライトオフィスを見学する

応募したい求人が見つかりましたら、応募する前にサテライトオフィスの見学をしましょう。

実際に自分の目でどんな環境なのかを確認することで、入社後のミスマッチを防いだり、働くイメージがついて安心したり、メリットがたくさんあります。

また大抵の場合、支援員と面談することもできるため、事前に自分が働けるかどうかを専門家の目線から確認できます。

障害者向けサテライトオフィス「エラビバ」

エラビバは、2021年8月よりサービスを開始した障害者向けサテライトオフィスです。最後にこのエラビバの特徴について紹介します。

エラビバのオフィスは、現在都内に複数運営されていますが、全てのオフィスが最寄駅から徒歩5分以内で行くことができるため、毎日の通勤の負担を軽減することができます。

そして他のサテライトオフィス同様に、バリアフリーの環境が整っているため、どんな障害をお持ちの方でも安心して働くことが可能です。

また、エラビバでは支援員が常駐しているだけでなく、医療従事者による定期カウンセリングを利用者全員に実施しているため、他のサテライトオフィスよりも、更に手厚いサポートを受けられます。

安心できる環境で、確実なキャリアアップを目指す方にぴったりのサテライトオフィスとなっていますので、気になる方はぜひご利用をご検討ください!

日本最大級の障害者向け求人サイト
「障害者雇用バンク」

ご登録はこちら

数多くある障害者の転職サイトのなかでも、日本最大級の障害者向け求人情報を提供する「障害者雇用バンク」は業界初「人材紹介の求人情報データベースとハローワークの求人データベースの両方の情報の提供」障害者の転職をトータルで支援します。

より積極的に募集される障害者求人情報と、公的機関であるハローワークの求人情報を一つのサイトでまとめて検索することができるだけでなく、カウンセラーとのWeb面談などのサービスも。在宅のままスマートフォン1台で、自分に合った仕事探しが可能です。

無料登録は3分程度で手軽にできるので、まずは登録するところから始めてみてはいかがでしょうか?