企業インタビュー
転職者インタビュー

障害者手帳の等級の違いを表で説明!取得方法も解説

電車やバスの優先座席、駐車場の優先スペースのように、社会には障害者の方が利用できるサービスが数多く設けられています。障害による不便・不利益を少しでも解消するためのもので、これらのサービスの利用は障害者の方に限られ、健常者には遠慮してもらうのが一般的です。

障害者向けサービスを利用する際の多くに、障害者手帳の提示が求められます。障害者手帳とは何か、等級やメリット、取得方法、そして就職との関係について、お伝えします。

障害者手帳の種類と等級

障害者手帳は障害者の方に交付される手帳です。顔写真入りで、氏名・住所・障害名・障害等級などが記載されています。

<障害者手帳の種類>

の3種類があります。

身体障害者手帳の対象と等級

身体障害者手帳は身体の機能に障害がある方に交付される障害者手帳です。次の機能の障害に対して、程度に応じて1~6級の障害等級で交付されます。

<障害者手帳の対象>

同じ等級の障害を重複して持つ場合は1級重い等級、違う等級の障害を重複して持つ場合は程度に応じて重い等級が付与されます。

<障害者手帳の等級>

等級には「1級」「2級」という形で数字がつけられており、数字が小さいほど重い障害として扱われます

視覚障害等級表

1級両目の視力の和が0.01以下
2級両目の視力の和が0.02以上0.04以下など
3級両目の視力の和が0.05以上0.08以下など
4級両目の視力の和が0.09以上0.12以下など
5級両目の視力の和が0.13以上0.2以下など
6級片目ずつの視力がそれぞれ0.02以下、0.6以下で両目の視力の和が0.2超

聴覚・平衡機能障害等級表

聴覚障害平衡機能の障害
1級--
2級両耳の聴力レベルがそれぞれ100デシベル以上-
3級両耳の聴力レベルが90デシベル以上極めて著しい障害
4級両耳の聴力レベルが80デシベル以上など-
5級-著しい障害
6級両耳の聴力レベルが70デシベル以上など-

音声機能・言語機能・そしゃく機能障害等級表

1級-
2級-
3級機能喪失
4級極めて著しい障害

肢体不自由障害等級表

上肢(じょうし)

1級両上肢の機能全廃
両上肢を手関節以上で欠く
2級両上肢の機能に著しい障害
両上肢のすべての指を欠く
片方の上肢を上腕の1/2以上で欠く
片方の上肢の機能全廃
3級両上肢の親指と人差し指を欠くか機能全廃
片方の上肢の機能の著しい障害、すべての指を欠くか機能全廃
4級両上肢の親指を欠くか機能全廃
片方の上肢の肩関節・肘関節・手関節のうちどれかの機能全廃など
5級両上肢の親指の機能に著しい障害
片方の上肢の肩関節・肘関節・手関節のうちどれかの機能に著しい障害など
6級片方の上肢の親指の機能に著しい障害など
7級片方の上肢の機能に軽い障害など

下肢(かし)

1級両下肢の機能全廃
両下肢を大腿の1/2以上で欠く
2級両下肢の機能に著しい障害
両下肢を下腿の1/2以上で欠く
3級両下肢をショパール関節以上で欠く
片方の下肢を大腿の1/2以上で欠くか機能全廃
4級両下肢のすべての指を欠くか機能全廃
片方の下肢を下腿の1/2以上で欠く
片方の下肢の機能に著しい障害など
5級片方の下肢の股関節または膝関節に著しい障害
片方の下肢の足関節の機能全廃など
6級片方の下肢をリスフラン関節以上で欠くなど
7級両下肢のすべての指の機能に著しい障害など

体幹

1級座っていることができない
2級座位または起立位の保持が困難
立ち上がりが困難
3級歩行が困難
4級-
5級著しい障害

肢体不自由の障害で7級の障害が2つ以上重複してある場合は6級になります。

心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・機能障害等級表

1級自己の身辺の日常生活に極度な制限
2級-
3級家庭内での日常生活に著しい制限
4級社会での日常生活活動に著しい制限

ヒト免疫不全ウイルスによる免疫・肝臓の機能障害等級表

1級日常生活がほとんど不可能
2級日常生活に極度な制限
3級日常生活に著しい制限
4級社会での日常生活活動に著しい制限

療育手帳の対象と等級

療育手帳は児童相談所または知的障害者更生相談所において、知的障害と判定された障害者の方に交付される障害者手帳です。AとBの障害等級があり、Aの方が重度の障害として扱われます。以下の基準で判定されます。

知的障害等級表

1. 知能指数がおおむね35以下であって
○食事、着脱衣、排便及び洗面等日常生活の介助を必要とする
○異食、興奮などの問題行動を有する
のどちらかに該当する場合 2. 知能指数がおおむね50以下であって、盲、ろうあ、肢体不自由などがある
A以外

自治体によっては独自に、A・Bを細分化している場合もあります。

精神障害者保健福祉手帳の対象と等級

精神障害者保健福祉手帳は精神障害者の方に交付される障害者手帳です。1~3級の障害等級があり、精神疾患(機能障害)の状態と生活能力障害の状態の両面から以下の基準で判定されます。

精神障害等級表

1級日常生活が行えない
2級日常生活が著しい制限を受ける
3級日常生活や社会生活に制限を受ける

障害者手帳のメリット

障害者手帳を取得すると、以下のようなメリットがあります。

税負担が軽減される

所得税や相続税、贈与税の計算において障害者控除の対象となり、税負担を軽くすることができます。身体障害者手帳で等級が1・2級の場合は特別障害者の取り扱いになり、より課税額を少なくすることができます。また自動車税についても減免が受けられます。

公共交通機関の料金が割引される

電車やバス、タクシー、フェリー、飛行機などに割引料金で乗ることができます。障害者手帳の種類や等級によって、また利用する公共交通機関や会社によって割引率や対象者(本人のみや介助者1人までなど)は異なります。

<障害者手帳による割引率の例>

/割引率
電車・バス50%
飛行機30~40%
タクシー10%

その他にも障害者手帳があるとNHK受信料支払免除や高速道路通行料金割引、公共施設入場料割引、各自治体による福祉サービスを受けることができます。

障害者手帳の取得方法

障害者手帳を取得するためには、交付の申請が必要です。障害者手帳に貼付する顔写真と、必要書類を準備して、それぞれの窓口で手続きを行います。各障害者手帳の交付申請受付窓口と必要書類は以下の通りです。

1. 身体障害者手帳

窓口:福祉事務所・市役所
書類:都道府県知事・指定都市市長・中核市市長の指定する医師の診断書・意見書

2. 療育手帳

窓口:児童相談所・知的障害者更生相談所
書類:医師の診断書など自治体の定めるもの

3. 精神障害者保健福祉手帳

窓口:市役所
書類:精神保健指定医その他精神障害の診断または治療に従事する医師の診断書、または精神障害による公的年金給付を受けていることを証明する書類

いずれの障害者手帳も、取得の相談は市役所の障害福祉を担当する窓口で受け付けています。

就職における障害者手帳のメリット

障害者手帳があると就職の際、障害者枠に応募することができます。

障害者枠とは:

障害者の方のために設けられている求人のことを障害者枠と言います。障害者の方のみが応募でき、健常者は応募できません。健常者向けの求人は一般枠と呼ばれます。

障害者枠は一般的に、障害者手帳を取得していることが応募条件とされています。障害者枠での就職には ○採用で障害が不利にならない ○必要な配慮が受けられる といったメリットがあります。

メリットがある反面、障害者枠は求人数そのものが一般枠に比べて圧倒的に少ないというデメリットがあります。そのため就職・転職活動においてはエージェントを活用するなどの工夫が必要です。

まとめ

障害者手帳を取得すると障害者枠に応募することができ、就職で有利に働きます。日本最大級の障害者雇用エージェントである障害者雇用バンクには、障害者枠の求人がたくさんあります。障害者手帳の取得の相談にも対応しているので、お気軽にご相談ください。

障害者向け就職支援サービス
「障害者雇用バンク」を
ご存知ですか? お仕事さがしはこちらから