企業インタビュー
転職者インタビュー

精神障害者でも働きやすい!特例子会社で働くメリットを現役エージェントが解説します

働く障害者のみなさん、「特例子会社」をご存知ですか?

特例子会社は、障害者の方が転職を考える上で、ぜひ知っておいていただきたい雇用型体の一つです。

しかし、「特例子会社ってどんな会社なの?」「普通の障害者雇用と比べて何がいいの?」といった疑問を持たれている方もいらっしゃるはず。

そこで今回は、障害者に特化した求人サービス「エラビバ」で働く現役エージェントの三上さんに、特例子会社で働くメリットについて伺いました。

特例子会社と一般企業の障害者雇用との違いは?

  1. 親会社が子会社の意思決定機関(株主総会等)を支配していること
  2. 親会社から子会社への役員派遣、従業員の出向など、人的交流が密であること
  3. 子会社は株式会社であること
  4. 子会社に雇用する障害者が5人以上で、かつ全従業員の20%以上を占めること。また、雇用される障害者に占める重度身体障害者、知的障害者及び精神障害者の合計数割合が30%以上であること
  5. 障害者の雇用管理を適正に行うに足る能力を有していること
  6. その他、障害者雇用の促進および雇用の安定が確実に達成されると認められること

引用元:埼玉労働局職業安定部職業対策課



※1 障害者の雇用を促進するために事業主に義務付けられた、雇用しなければならない障害のある人の割合

障害者目線で考える、特例子会社で働くメリットは?

  1. 労働環境に配慮がある
  2. 労働条件が整っている
  3. 能力を発揮しやすい
  4. 取り組みやすい仕事が多い
  5. 障害への理解がある
  6. 環境変化が少ない

※2 通院するための有給制度。年次有給とは別カウント

特例子会社の雇用状況と、精神障害者・知的障害者の内訳

※3 法定雇用率において、週30時間以上働く障害者を1カウント、身体及び知的の重度障害者はダブルカウント(2カウント)として数える

転職の候補に、特例子会社という選択肢

参考資料:厚生労働省「特例子会社制度の概要」

障害者向け就職支援サービス
「障害者雇用バンク」を
ご存知ですか? お仕事さがしはこちらから